荷造りに必要な物の準備

荷造りに必要なものを準備しましょう。

荷造りに必要なもの
  • ダンボール
  • 荷造り用の紐
  • 新聞紙や緩衝材
  • 油性マジック
  • ガムテープ
  • 工具類
  • ゴミ袋
  • はさみ
  • カッター
  • 雑巾
  • 軍手

以上が引越しの荷造り必須アイテムです。中でも一番重要なのは段ボール。ホームセンターなどでも販売していますが、もう1つの方法としてはスーパーマーケットやドラッグストアー等で無料で入手できます。

ゆうパック段ボールでも近くにスーパーマーケットやドラッグストアーがない、仕事が忙しく時間がないお客様にお勧めなのがゆうパック段ボール。非常に丈夫で水にも強く低価格で1枚から購入可。写真は、箱特大・35×45×35cm(360円)
ゆうびんホームページウェブサイト ゆうパック包装用品

※赤帽の引越しの基本料金にはダンボールの費用は含まれていません。「引越し価格は少しでも安い方がいい!」というお客様が圧倒的に多くオプション的なサービスは別途実費にて対応させて頂いています。必要なお客様はご相談ください。
詳細は引越し用ダンボールについてをご覧ください。

ダンボールに詰める時は・・・

本、衣類、食器、おもちゃ、台所用品、その他生活雑貨、棚、タンスの中身等は事前にお客様で段ボール箱などに梱包をお願い致します。ダンボールなどへの梱包は意外に時間がかかるものです。1~2週間ぐらい前から少しずつはじめ前日までには終わらせてましょう。

  • ダンボールは大きさを揃えて頂くと積込時間が短縮できます。
  • 大きい箱には衣類やぬいぐるみなど軽い物、小さい箱には本や食器など重い物を。
  • 普段あまり使わないものから荷造りし最後まで必要な物、引越し後すぐ必要な物は最後に荷造りしましょう。
  • ダンボール表面と側面に中身を記入しておくと探す際に効率的です。
  • ダンボール表面に「ワレ物注意」「水ぬれ防止」「上下」など表示をしましょう。

細かい物の梱包

引越し荷物を梱包する際に、隙間があると箱の中で荷物が動いてしまい破損する場合もあります。荷物が動かないようにできるだけ新聞紙やクッション材を詰めておきましょう。

  • 書籍・雑誌
    書籍・雑誌、食器等の重い物はミカン箱を目安に小さめのダンボールに。
  • ビン類
    ビン類はは立てて隙間は新聞紙等で詰め、動かないよう固定!
  • 刃物類
    刃物類は刃の部分を厚紙で巻いてテープで止めておきましょう。
  • 食器
    お皿やコップは1つずつ包み緩衝材や新聞紙を丸めて敷き詰めましょう。
貴重品の管理

クレジットカード現金、有価証券、小切手、宝石貴金属、預金通帳、印鑑、キャッシュカード・クレジットカードなどの貴重品はバッグなどにひとまとめにして当日はご自身で持ち運び、管理しましょう。

運べないもの
  • 現金、有価証券、小切手、宝石貴金属、預金通帳、印鑑、キャッシュカード・クレジットカードなどの貴重品は運送できません。
  • 火薬類・灯油・ガソリンその他の危険物、動物、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのある物は運送できません。
  • ピアノ、美術品、骨董品等の高価な荷物は運送できません。
  • 電気製品等については、当方が搬出作業までに動作確認できたものに限り、その滅失・毀損について賠償責任の責任を負いますが、未確認の物品については弁償しません。
  • パソコンにつきましては、機器の破損については損害賠償の責任を負いますが、ソフトウエア、ハードディスク等のデータにつきましては責任を負いかねますので、事前に外部記憶媒体に保存されることをお勧めいたします。
  • 上記以外に他の荷物と同時に運送することに適さないもの

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
WEBから簡単無料のお見積りはこちら!
お問合せの前にチェック!を事前にご確認頂くことで正確なお見積りが可能です。