家電のリサイクル

家電リサイクル法について資源の有効活用と、クリーンな環境のために!
家庭や事業所から排出された家電製品から有用な部分や材料をリサイクルし廃棄物を減量するとともに資源の有効利用を推進する為に施行された法律です。 リサイクル家電6品目エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は自治体のクリーンステーションに粗大ゴミとして出すことができません。処分方法は以下のようになります。
買い替えの場合 新しく購入するお店に引き取りを依頼する。
処分のみの場合 商品を購入したお店に引き取りを依頼する。
上記に該当しない場合 ①自分で自治体指定の引取場所まで運ぶ。
②自治体指定の一般廃棄物収集運搬許可業者に運搬を依頼。
(運搬料金は業者により異なります。)
お問合せ 全国各地 財団法人 家電製品協会家電リサイクル券センター
東京23区 東京都環境公社 家電リサイクル受付センター
  1. 自治体指定の一般廃棄物収集運搬許可業者はお住まいの区・市役所にお尋ね下さい。
経済産業省(家電リサイクル法のページ)

家電6品目のリサイクル料金例

家電リサイクル券の見本リサイクル料金に小売店が収集・運搬するための料金がかかります。ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるため、それぞれの料金は小売店またはメーカーにご確認ください。
■リサイクル料金例(税抜)
品目 リサイクル料金
冷蔵庫・冷凍庫 170L以下 ¥3,400
冷蔵庫・冷凍庫 170L以上 ¥4,300
テレビ 15型以下 ¥1,700
テレビ 16型以上 ¥2,700
洗濯機 ¥2,300
衣類乾燥機 ¥2,300
エアコン ¥1,300
  • 主なメーカーのリサイクル料金です。 収集運搬料金は業者により異なります。
財)家電製品協会 家電リサイクル料金一覧

不法投棄は法律で禁止されています!

不法投棄は法律で禁止されています!家電製品等の不法投棄は近隣への迷惑になることはもちろん、しみだした重金属等の有害物質による土壌汚染など環境にも大きな影響を与えます。不法投棄は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)によって固く禁じられており、違反した場合には重い罰則がかかります。家電製品は永く、大切に使い、役割を終えた後は家電リサイクル法に則って家電製品の小売業者などに引き取ってもらいましょう。

リサイクル券について

財)家電製品協会 家電リサイクル券センター
家電リサイクル法に基づく小売業者の、業務の管理・運用を効率的に支援するために設けられたのが「家電リサイクル券システム」です。また、その運用を行うために設置されたのが家電リサイクル券センター(略称RKC)です。
お見積りはコチラから
HOME
お見積り・お問合せ
赤帽の引越しサービス・料金プラン
家具・家電の配送サービス
赤帽車のサイズ
赤帽の貨物賠償保険
お客様へのお願い
引越しで知ってると便利な5つの事
不用品処分とリサイクル
法人のお客様へ
事業所概要 | プライバシーポリシー
赤帽引越運送同意書 | 運送約款
赤帽とは
リンク | サイトマップ
携帯からも簡単アクセス!

PAGE TOP